新しい会社で働き始めました

SUUMOタウンというメディアに書いた出町柳の記事でちらっと触れてたんですが、新卒で働き始めた会社を辞めてONDという会社で働き始めました。以前からライターをやっていた物件ファンを運営する会社です。去年の十一月にできたばかりで、わたしは二人目の社…

ハロー写真、それからKYOTOGRAPHIEでのこと。

わたしはデザイナーなのだけれど、アートや芸術にはそれほど興味がなかったりする。画家よりも研究者のほうが自分に近いと思ってる。一方でエンジニアである夫はアートが好きみたい。プログラム上での表現を追求することは、もしかするとアートに似たところ…

予定を入れないGWは初めてだ。

GWや長期休みというとついつい予定を詰め込んじゃう性分のようで…。せっかくの貴重な長い休みなのだから遊ばないと損したような気持ちになっちゃうというか。そういうわけでこれまでは毎年おでかけしていたんだけれど今年はずっと家にいる。今年は三、四月と…

さいきんは着物に靴を合わせている

四月は二回着物を着た。お花見と友人の結婚パーティと。さいきん始めてみた試みとして、着物に靴を合わせている。これはお花見の日。ちょうどいい色合いの緑の縦縞。祖母のお下がりだけれど、なかなかのモダンさで気に入っている。 この日は長めに歩いたから…

ブログ名を〈ゆるりデザイン研究所〉という名前に変更しました

長らく〈 yulily100's blog 〉というそのまんまというか、特に色のないブログ名だったんですが、〈 ゆるりデザイン研究所 〉という名前に変更します。わたしの中学校のときのあだ名が「ゆるり」だったんですけど、あらためていいなって思って。笑気取らず、…

壬生をあるく

友人の事務所を訪ねるために、未知のエリアである壬生へ行く。すこし話したあとは餃子屋さんで餃子定食(小)を頼んだ。大・中・小とありごはんの量が違うのかな?と思いきや、違うのは餃子の数。もりもりと盛られたごはんに、餃子が八個。そしてスープ。味…

日曜夜のコーヒーと本

週末の夜にだけオープンするコーヒー屋。きょうはコーヒー酒があるというのでそれを飲んでいた。茶色い液体がとろりとしていて、口当たりに甘い。いくらでも飲めてしまいそうな危うさ。これはいいな、また飲みたいな。コーヒー屋さんなのにコーヒーを頼まな…

おもしろがる人

すこし前に尊敬している人たちと三日間一緒に過ごしてきたんですけど、やっぱりすごかった。同じ車に乗り、同じごはんを食べて、同じボードゲームをして寝たはずなのにな。次の日、わたしが布団でうだうだしている間に、美しい雪の世界を味わっていたようだ…

料理動画で毎日がちょっと楽しくなった

我が家の二〇一八年の最初のブームはお料理のようです。と言ってもここ数日の話なんだけど…。会社から帰ってきて、わたしが何か作る間に夫も何か作る。するとあら不思議、自分が作ったのとは別のもう一品ができているんです。当たり前のこと言ってるみたいだ…

わたしはわたしなりの人生をおくるんだ

アラジンのトースターで焼くおもち。表面がぱりぱりでおいしい。この正月は、こどものころ母親が焼いてくれたのを思い出してた。そして、十二月から始まったわたしの冬休みは今日で終わりのようです。十七連休、長いようで短かったな。明日から仕事が始まる…

わたしとピンクについて。

化粧品を買いました。PAUL & JOEのうるおう下地です。ほのかなピンクにつや消しのガラス。ぷっくりとしたかわいらしさ。化粧品ってかわいいものなんだな。デパートで売ってるコスメってふしぎな恍惚感がある。お化粧できる道具ではなくて、かわいいものにう…

フィルムカメラの思い出

こないだの五日間の旅で、夫がカメラを忘れたのに気がついたのは電車に乗ってからだった。内心残念に思うわたし。旅先で写真を撮ってもらうのが好きだったから。そこで夫は〈写ルンです〉を思いついた。高校の卒業式なんかに使っていた、あいつである。尾道…

タマゴとチーズのホットサンド

ほとんど乗り物には酔わないのだけれど、今朝のバスときたら…。三列になっていて、のびのびとはしているんだけれど、小刻みな揺れに気分が悪くなる。朝早くに京都について、すぐに布団に潜り込んだ。次に目が覚めるとお昼時で、わたしたちは下鴨神社に出かけ…

客寄せパンダ

新宿にある夫の実家で目覚める。人のおうちってなんだかいいな。いつもと違うおふとんの肌触り。毛布がふわふわで、いい香りがして、いつまでも眠っていたくなる。窓からは富士山が見えるけど、もうすぐマンションがたっちゃうらしい。都会の景色はどんどん…

富士の元日

朝の新幹線に乗って東京に向かう。ふだん出張で使うのはスーツのおじさんばかりなのに、子供の声ががやがやとしている。富士が見えると、みんなして写真を撮り始める。わたしも同じように撮る。二〇一八年年、元旦の富士。おめでたいね。おめでとうございま…

2017年の映画と本

映画 愛のむきだし発売日: 2015/09/28メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る4時間あったとは思えない爽快感。しびれる、という表現がとても良く似合う。叫んでる満島ひかりさん、男!死ね!って言って殴る満島ひかりさん、セーラー服で踊る満島…

海と山を渡って。

自転車と青春18きっぷを持って、電車に乗った。尾道からスタートして、道後、別府、阿蘇へと渡った。お湯をたくさん浴びた。なんだか日常に疲れているような気がしていたけど、そんなことはどうでもよくなった。尾道から島が幾重にも重なって見えるのと、伯…

贈り物にシュトーレンを。

普段どおり仕事から家に帰ってくると、玄関には袋が掛かっていた。名刺と手紙が添えられていた。その前日に仕事で会った人からだった。中身はシュトーレン。その日は十一月の末で、すこし早いクリスマスプレゼントだな、と思った。袋がかかっているのも靴下…

歩いて通勤してみることにした #きょうの京都

ずんと重くなった体を、なんとか軽くしようとするものの、なかなかどうして痩せられない。 見かねた夫が、歩いて会社に行くことを提案する。 なるほど、わざわざ特別な時間を作らずとも、毎日の移動を使えばいいんだ、と。ラッキーなことに、わたしの通勤経…

27歳は「読む」と「書く」一年にしたい

27歳になった。 これまでの誕生日というと、そわそわとするものだった。 なんなら一ヶ月ぐらい前から意識するし、一週間前なんてもう大変。 誕生日に予定が入っていなければ本気で落ち込むのでわざわざ実家に帰っちゃう。 TODOリストに「誕生日のブログを書…

結婚した

文化の日。 両家顔合わせということで、行ってみたかった料亭で食事をした。 お互いの親に証人の欄を埋めてもらった。 親を見送って、その日のうちに役所に向かった。 タクシーのおっちゃんに「婚姻届を出しに行くんです」と言うと、 「それはそれは、おめで…

団地とwebサービスは同じかもしれない。

先週の金曜日、「団地図解」という本の出版イベントに行ってきた。 本に取り上げられている千里ニュータウンを紹介しながら、団地を読み解いていく。 サブカルチャーやノスタルジー的なコンテンツとしてではなく、建築や都市計画の文脈の団地。 千里ニュータ…

夏の夕方が好きになった #きょうの京都

八月ど真ん中の昼下がりには、一歩だって外に出たくない。 二階のエアコンをガンガンに効かせて、パソコンをちらちらと眺めながらじーっとしている。 18時くらいになると、もうすぐ一日が終わってしまうと焦り始める。 一日外に出ていない罪悪感から、ちょっ…

5ヶ月以上の試行錯誤でできた、黒い麻婆豆腐の作り方

京都市左京区に「駱駝」という四川料理のお店がある。ここの麻婆豆腐がとにかくうまい。 真っ黒で旨味たっぷりなひき肉・香りの良い麻味・柔らかめの豆腐ととろみの少ないタレにもうメロメロ。大学生のころからもう数え切れないくらい行ってるなあ…。 そして…

御手洗祭には何度でも行きたい #きょうの京都

七月は祭りに忙しい。まずは祇園祭でしょう。 六月三十日に水無月を食べたら、その次の日からまる一ヶ月間お祭りムード。 デパートのBGMまでがコンチキチンの音になる。 宵山は山鉾巡行は言わずもがな。一大イベント。 ちょっとニッチなところで出町桝形商店…

山鉾を見て回るのは宵々々山がいちばんいい #きょうの京都

金曜日。仕事が終わったその足で街へと繰り出す。 きょうは祇園祭の宵々々山。山鉾巡行の三日前。 山鉾は出るが烏丸通りの歩行者天国はない。 華やかな露店の賑わいを楽しむのもいいけれど、この宵々々山の、まだまだ人の少ない祇園祭を歩くのが好きだ。 人…

鴨川から見える稜線が好きだ #きょうの京都

いまは梅雨で、土日は大雨が降った。京都らしいむわっとした湿気がめちゃくちゃ暑い。 いつもと同じように重たい自転車を漕ぐ。 橋を渡り始める。真ん中あたりで立ち止まる。 北に見える山の稜線が重なって見えて、それぞれが少しずつ違った色をしている。わ…

友達が遊びに来てくれたので手巻き寿司をしたよ!

友達カップルが家に遊びに来てくれたので手巻き寿司をしたよ!食べたい具材を適当に買ってくるだけでOK。 今回はお刺し身盛り合わせ、錦市場のだし巻き卵、粒うに、いくら、きゅうり、しそ、ツナなど。 米炊いて具材を切るだけなのでめっちゃ簡単。だけどめ…

20年ぶりにゲームをやろうと思ってSwitchを買ったものの、買う時点でスポーツだった

WiiUのスプラトゥーンを楽しそうに遊ぶ友人たちを横目に、Switch版が出たらわたしも遊んでみたいなあと思っていた。一方で、ゲームに夢中になれるのかは懐疑的だった。 わたしが最後にしっかりと遊んだテレビゲームは小学生時代の初代PlayStationで、かれこ…

ポスターコンテストで優勝して、タルト1000個貰えることになった

朝、目が覚めると「二次審査の結果と表彰式のご案内」というタイトルのメールが来ていた。 友人たちと三人で応募していたポスターコンテストの結果が来ていたのだった。なんと一次審査・二次審査を通過し、上位8作品に入ったらしい。そしてその三日後にはグ…