2018年、心に残ったベスト物件ふりかえり。


2018年、我ながらたくさんの物件を見てきました。そして物件ファンにはたくさんの記事を書かせてもらいました。 その中でも特に印象に残ったものをいくつかピックアップして2018年を振り返ります。

おしゃれでかわいい

誰にでも勧められるおしゃれでかわいい物件。ただおしゃれなだけじゃなくて、どこか一箇所でもかわいいポイントがあると一気に好きになる。

bukkenfan.jp
お部屋にアーチがあるだけでたまらなくかわいいのですが、すごいのはその先。キッチンのすぐ後ろにネコ脚バスタブのお風呂がある〜〜!!柄入りのガラス窓好きとしても嬉しい家。(兵庫・元町)


bukkenfan.jp
七月に新婚旅行でコペンハーゲンに行ってて、そこで泊まったAirbnbの家にすこし似ていてうれしいきもちになった。L字の海外っぽいキッチンもいいし、部屋から木の香りが漂ってきそうなのも素敵。(兵庫・御影)


bukkenfan.jp
ウケはあまり良くなかった物件。笑 色のあるカーテンで仕切った実験的な部屋。この建物の他の部屋では別の色のカーテンが使われているそうなのですが、この部屋がいちばんかわいいです。(兵庫・青木)


思わずびっくり

ひと目見て誰かに教えたくなる物件。ひとクセあるけどそこがまた愛らしい。

bukkenfan.jp
「元牛乳屋さん」という響きがもういい。淡い緑とガラス扉がとってもかわいい。ここでお店とかやったらたのしいんだろうな……。(京都・浄土寺)


bukkenfan.jp
浴槽が二個並んでる!?!?と思いきや、サウナまであった。家でととのえちゃうのか。羨ましいな…。(兵庫・西宮)

レトロマンションへの憧れ

築30年〜50年くらいのマンション。古いマンション特有のロマンチックさが感じられて大好き。外装や共有部にまで凝ってる建物も多い。次住みたいのはレトロマンション。

bukkenfan.jp
25帖のリビングの青いカーペットのまぶしさ。カーペット、さいきんの物件ではあまり使われてないけど独特のエレガントさがあって好き。ふるいマンションだからこそいいのかな。(兵庫・芦屋)


bukkenfan.jp
レトロマンションは外観にまでロマンがある。素材感が素敵。疎水目の前という立地も最高にいいんだよな…。(京都・聖護院)


bukkenfan.jp
ここも外観だけで大好き。アーチも螺旋階段も内側からしか見えない。住んでる人だけが味わえるロマンチックさがすばらしい。(兵庫・岡本)


屋上のある人生

一度くらいは屋上やルーフテラスのある家に住んでみたいよね。人生には屋上が必要だ。

bukkenfan.jp
屋上にバーのあるシェアハウス。友達が住んでるので一度遊びに行かせてもらったんだけど、細かいサインまでデザインが入っていてすばらしかった。わたしが書いた記事をきっかけにこのシェアハウスに住みました!っていう人がいて感動した。一階に入ってるバーも素敵です。(京都・金閣寺)


bukkenfan.jp
27帖のルーフバルコニーから京都を見渡す! ここまで広いともう何をしたらいいのかわからない。出町柳という立地も最高だ。(京都・出町柳)


bukkenfan.jp
書き出しが気に入ってる記事。玄関の先に螺旋階段があるのも、部屋の真ん中にトップライトがあるのも素敵。こんなひとり暮らし、なかなかないよ。(兵庫・兵庫駅)


イマドキ団地リノベ

団地というだけでも大好きなのですが、さいきんはデザイナーや建築家がリノベーションしたものも多くてときめく。どれも均一な間取りの団地に唯一無二のリノベーションをする、というのもロマンがある。

bukkenfan.jp
隣同士の二戸を大きな一部屋にしてしまったニコイチ団地。昔ながらの古い団地を今の時代でも暮らしやすく、というコンセプトがまずいいけどやはりデザインが素敵。確か三団体くらいがここの団地のリノベーションに取り組んでたかな?(大阪・寝屋川)


bukkenfan.jp
かわいさに全振りの団地!団地のつくり的におそらく撤去できない構造壁があるんだけど、そこをアーチにしてしまうアイデアが良かった。(長岡京)


すごいよ八清さん!

京都の町家リノベといえばの八清さん。いつもすばらしいリノベーションでわくわくさせてくれるのですが、毎回その想像を越えてくる。京都に八清があってよかったな。

bukkenfan.jp
家のなかにキューブ!?がある!?!?この箱自体が芸術作品みたいだ。(京都・下鴨)


bukkenfan.jp
八清さんの町家リノベーションには毎度驚いてるんですが、そうかこう来たか!と思った物件。あかるい白ベースで、町家って「和」だけじゃないよね、って思わせてくれた家。(京都・丹波口)


bukkenfan.jp
ここも家自体が作品みたいだった。記事情報が載ってたwebページに担当者の熱い思いとか完成までのいきさつ(照明を選びに行った話とか…)が載ってて読み物としても楽しかった。やっぱり素敵な会社だな。(京都・紫野)

やはり古民家はいい

古くて暮らしづらかったりもするだろうけど、どうしても古民家にしかない魅力にやられてしまう……。

bukkenfan.jp
昔ながらのザ・京町家で状態のいいものって案外すくない気がしてる。町家のいいところが全部詰まってた。外観はあとからちょっと手を加えちゃったのかな……。(京都・紫野)


bukkenfan.jp
ここも八清さん物件だけど古民家ジャンルに。純和風な縁側や和室もため息が出そうだったけど、そこにロマンチックな洋リビングという組み合わせがまたすばらしかったな。(京都・九条山)


2019年もたくさんのすばらしい物件に出会えますように!
ちなみにこの記事は、こちら↓がめっちゃおもしろくて影響されて書きました。
odmishien-zakki.hatenablog.com